3月 17 2017

デザイナーズ物件といえば高いのが相場?

デザイナーズマンションといえば、「高級」「家賃が高いから住めない」と思われているようですが、本当にそうなのでしょうか。

名古屋にはどんどんデザイナーズマンションが建設されていますが、すべてが高いものなのでしょうか。

▽高くなる理由

デザイナーズマンションの家賃は、一般の賃貸マンションよりも1万円から2万円くらい高くなります。

その理由として、設備が充実していることが挙げられます。

内装がガラス張りであるとか洗面台がおしゃれである、建物から部屋の内部までがまるでお城のような造りになっているなどとても凝った設備になっています。

その他に、耐震性や防音性に優れている、気密性が高いといったこともあり、やや高めになっているのです。

▽年齢層が幅広い

デザイナーズマンションに入居したいというのは、今どきの若い人だけかと思われがちですが、デザインや設備の充実したところから幅広い年齢層の人から支持されています。

そのため、需要に対して供給が追い付いていないため、希望者が多いデザイナーズマンションは家賃がさらに上がる可能性があります。

名古屋でもこういった状態になっているようです。

▽デザイナーズマンションだから高いとは言えない

設備面などが充実しているため、一般のマンションよりやや高めの家賃となっていますが、デザイナーズマンションだから高いというわけではありません。

駅から近いというような立地や間取り、利便性も大いに関係してきます。

中にはリーズナブルなデザイナーズマンションもあります。

すべてが高級で高額とは限らないのです。

Comments are closed.